• 綺麗なホテルに滞在、安心・安全のセブ島留学 親子留学はこちら ホームステイはこちら シニア留学はこちら 社会人留学はこちら 留学体験記
  • 担任制で確実上達!! 親子留学はこちら ホームステイはこちら シニア留学はこちら 社会人留学はこちら 留学体験記
  • コミニケーションレッスンで実践的に英会話を学ぶ!! 親子留学はこちら ホームステイはこちら シニア留学はこちら 社会人留学はこちら 留学体験記

n̗lq

ADHD 「注意欠陥・多動性障害」

 

Attention Deficit Hyperactivity Disorder

 

日本語では

注意欠陥・多動性障害

と言うそうですが一般的に既にADHDで統一されていますね。最近日本でもよくネットで見かけるようになりましたがまだあまり知られていないかも知れません。

 

まり子です。

 

当校にマリーアン先生にアーウィン先生他に数名特殊教育専攻の教師がいます。

 

さて、これはなかなかアドバイスなリスニングになります。聞き取れますか?

 

1. Give them chance to move

 

ADHD students are very energetic, so give them a chance to move
(eg. stretching, board writing exercises)

#2. Reward

 

When the tasks given are done, recognition is important for them. Giving praises are the simplest form of rewards. A teacher could also give some cut out stickers or cute stamps. Another thing is to give the student time to play games as rewards.

 

 

#3. Redirect their attention

 

 

Their attention is short span. Instead of stopping their tapping, nose touching or whatever their doing, integrate these things in your class activities to make them happy.

 

 

#4. Engage student’s strengths

 

 

Every student has their own strength. Usually, ADHD students are known to be artistic, doodling is not always negative, it can also help them express their strength.

 

 

And most importantly be patient!

 

1.動く機会を与えます

 

ADHDの学生はとても元気なので、動く機会を与えましょう。
(例:ストレッチ、ボードライティングの練習)

 

 

#2 褒賞

 

 

 

与えられたタスクが完了するとき、認識は彼らにとって重要です。 賞賛を与えることは報酬の最も簡単な方法です。 先生はまた切り取られたステッカーやかわいい切手をあげることもできます。 もう一つのことは、報酬としてゲームをする時間を生徒に与えることです。

 

 

#3。 注意を向け直す

 

 

 

彼らの注意は短期間です。 彼らのタンタン叩くこと、鼻に触れること、または彼らの行動を何でもすることを止める代わりに、それらをハッピーにするためにあなたのクラス活動にこれらのものを入れてみてください。

 

 

 

#4。 生徒の長所を引き出す

 

 

 

すべての生徒は自分の力を持っています。 通常、ADHDの学生は芸術的であることが知られています、落書きは必ずしも否定的ではありません、それはまた彼らが彼らの強さを表現するのを助けることができます。

 

 

 

そして、最も重要なのは忍耐強いことです!

 

よく聞き取れましたか?



imageEς͂Cy