• 綺麗なホテルに滞在、安心・安全のセブ島留学 社会人留学はこちら 留学体験記はこちら ホームステイコース シニア留学はこちら 親子留学はこちら
  • 30代からの社会人留学 社会人留学はこちら 留学体験記はこちら ホームステイコース シニア留学はこちら 親子留学はこちら
  • パパ・ママ・こどもと一緒に楽しく親子留学 社会人留学はこちら 留学体験記はこちら ホームステイコース シニア留学はこちら 親子留学はこちら
  • 担任制で確実上達!! 社会人留学はこちら 留学体験記はこちら ホームステイコース シニア留学はこちら 親子留学はこちら
  • コミニケーションレッスンで実践的に英会話を学ぶ!! 社会人留学はこちら 留学体験記はこちら ホームステイコース シニア留学はこちら 親子留学はこちら
  • リピーター多数!シニア留学 社会人留学はこちら 留学体験記はこちら ホームステイコース シニア留学はこちら 親子留学はこちら

亀山和子さん2018年4月~6月8週間留学

1、何故セブ島に留学しようと思ったのか

私は去年の10月、何人かのメンバーでハワイを訪れました。そのメンバーというのは、これから自分の人生を変えたいと思っている人達です。私にとっては初めての海外で、そのために3カ月程前から英会話教室に通っていました。しかし、ハワイで2日目、夜外出した際に迷子になってしまいました。店でホテルの場所を教えてもらいながら尋ね歩き、帰りつくことはできましたが、言っている内容が分かったような分からないような感じで、悔しい思いをしました。それから、「何とか困らない程度に話せるようになりたい」と思いだし、ある時友人から「短期留学してみたら?」と言われ、早速ネットで検索。年齢のことを考慮して、ホテル滞在、マンツーマンレッスンの学校に絞り、Universe Englishに決めました。この学校の体験談も大変参考になりました。
今この時期にと思いましたが、下の娘も社会人になり、このまま人生終わらせたくない、自分を変えたいと思い、思い切って二カ月の留学に踏み切りました。娘二人は海外が大好きなので、その影響もあったのかもしれません。
家族から2カ月という長期間、家を留守にすることに関して反対もされず、送り出してもらえたことには感謝です。

2、実際に留学しての感想

日本を旅立つ際、国内線と国際線の乗り継ぎでしたが地方空港の知識不足が原因で、思わぬことで足止めをさせられました。初めての海外一人旅、どうなるかと思いましたが、日本のスタッフの方に連絡して事情を説明して頂き、無事出発できました。
セブは日本からも4時間ほどで着き、時差も1時間、移動は楽でした。航空会社も提携会社同士を選択したので荷物を途中運ぶこともなく楽でした。
滞在していたマンダリンホテルは、部屋が広めでツインの部屋を一人で使用させて頂き、とても快適でした。クローゼットが大きめなので片づけやすいです。 部屋は毎日クリーニングが入りますし、バスタブも大きめです。ホテルのスタッフはフレンドリーで、顔を覚えてくれるので助かりました。ルームサービスも値段も高くありません。おいしく頂けました。部屋でマッサージも受けてみました。
ホテルの近くにはアヤラモールがあります。中にはスーパー、換金所、ATMもあります。私はスーパーに行った際に、入口近くの換金所で換金し、洗濯物もアヤラモールの中にあるウォッシュアンドドライという洗濯屋さんに出すようにしました。アヤラにはテイクアウトできるお店も沢山ありますから、生活環境は快適でした。
通学については、最初こそ先生と一緒にタクシーで往復していましたが、一週間過ぎてジプニーに挑戦し、結局毎日ジプニーで通学するようになりました。iPhoneを乗っている時には使用しないようにと注意してくれた地元の親切な男性もいました。特に目立つような格好をしなければ大丈夫ですし、フィリピンの人は気を使ってくれます。

3、講師に関して

私は1カ月半程、アリサ先生からマンツーマンのレッスンを受けました。先生は大変熱心に指導してくれました。学生の頃は英語は好きでしたので、文法はそれなりに分かりますが、会話は苦手で、特に記憶力がないということを度々先生に言っていました。先生は、いつも「文法はよく理解できているのだから話せるようになるはず」と、毎日“You can speak English. But you are afraid of speaking English. I believe you can do it. Don’t be afraid.”と繰り返し励ましてくれました。一か月が過ぎて少し気持ちに焦りが出た時も、先生は一生懸命励ましてくれました。
話すことをゆっくり頭の中で考えて整理し、気持ちを落ち着けて話すようにとアドバイスされ、それを心掛けて話すようにし、うまく話せると先生は自分のことのように喜んでくれました。
担任ではない先生も、みんなフレンドリーで積極的に声をかけて勇気づけてくれます。 留学の後半には仲良くなった他の留学生の方とゲームをして会話するグループレッスンが増えてきましたが、理解できない単語があると他の簡単な単語を使って説明してくれました。 とにかく、先生方が明るくて、前向き、一生懸命な気持ちが伝わってきて、自分も頑張らないとと、モチベーションを高くもって勉強ができる学校です。

4、英語の上達に関して

文法に関しては、英語を通して詳しく説明してもらうことで、より理解が深まりました。あと、毎日日記をつけることが宿題でしたので、最初の頃と比較するとwriting力がついたと思います。1日6時間英語を聞いているので、listeningの力もついてきたと思いますし、理解できないことは質問すると分かるまで説明してもらえるので助かりました。
会話については苦手意識がありましたが、失敗を恐れて話さないより、失敗しても話して間違いを正してもらえればよいと思うようになってからは、話すのが楽になり、そのことは私にとっては進歩だと思いました。
語彙力に関しては、辞書はレッスンの時に先生が言葉を変えて説明するので使わないようにと言われましたから、別の単語に置き換えてもらって説明を聞き、例文を作ってもらい、理解し、覚えるようにしました。この方法は聞く力や考える力もつくので、よいのではないかと思いました。

5、セブでの体験ツアー

私が来た時は丁度ゴールデンウィークで留学生の方が多く、ラッキーなことに色々な所に行くことができました。
コミュニケーションレッスンでは「サントニーニョ教会」「マゼランクロス」「クロコランディア自然公園」に行きました。クロコランディアでは勇気を出して、ヘビを手に持って写真を撮りました。
他の留学生の方たちと孤児院にも行きました。貴重な体験をすることで、様々なことを考えさせられる一日となりました。

「マンゴーファクトリー」「ブラックマリア」にも行きました。「マンゴーファクトリー」では工場見学をして、最後、お土産にドライマンゴ―を入手することができました。 「ボホール島ツアー」を希望して参加しました。朝早く出発するのでちょうど朝日を見ることができて、ラッキーでした。島ではガイドの方がスケジュールを工夫してくださって、多くの観光地を巡ることができました。 リバークルーズでは、フローティングレストランで食事、手の平サイズの小さな猿のターシャを見学、最後にチョコレートヒルズでは地球の歴史に感動しました。

シマラ教会は大変素晴らしかったです。一日かけてみんなで出かけました。バンを借りて往復5時間掛かりましたが、大変大きく、美しい教会で感動しました。11色のキャンドルがあり、色によって願いの意味が違うので自分の願いに合ったものを選んで祈ります。 来る途中、マーケットでレチョンとハンギングライスを買ってランチに頂きましたが、大変美味しかったです。 移動中も食事中も先生方と十分会話が楽しめるので良かったです。 個人的にはジプニーやバスでショッピングモールを巡ったり、マクタンのリゾートホテルにワンデイユースで訪れたり、有意義な時間を過ごすことができました。留学生同士で食事やお茶をしたり、気分転換もはかりながら、人との出会いを楽しむことができました。

6、今後について

この2カ月の経験を無駄にすることのないように、スカイプレッスンを受けようと思っています。宿敵だった日記を英語で書くことも続けたいと思います。前から続けている英会話のレッスンもあるので、それも続けながら、英語を学び続けたいと思います。そしてまたユニバースイングリッシュに戻ってきたいと思っています。

亀山和子

 
 
 

image

資料請求・無料見積もりはお気軽に