• 綺麗なホテルに滞在、安心・安全のセブ島留学 親子留学はこちら ホームステイはこちら シニア留学はこちら 社会人留学はこちら 留学体験記
  • 担任制で確実上達!! 親子留学はこちら ホームステイはこちら シニア留学はこちら 社会人留学はこちら 留学体験記
  • コミニケーションレッスンで実践的に英会話を学ぶ!! 親子留学はこちら ホームステイはこちら シニア留学はこちら 社会人留学はこちら 留学体験記

n̗lq

英語よりも中国語?グローバルに活躍するためには

こんにちは、インターンの古屋です。

 

 

 

日本の企業では現在、中国語を話せる人を積極的に採用しているように思います。

しかし、グローバルに活躍したいと考えた時、本当に中国語は必要なのでしょうか。

 

 

結論から言うと、グローバルに活躍したいのあれば、まず英語を学び、第3言語として中国語を学ぶべきでしょう。

 

 

 

実際にセブ島には中国、台湾、香港などの国から多くの学生が英語を学びに来ています。

 

つまり、中国語圏でも英語の必要は高まっているのです。

実際に中国人の友達に聞いてみても、グローバルに事業を展開している企業の場合、ほとんど全員が英語で業務をすることがあるようです。

 

 

さらに、海外の国と交渉は基本的に英語で行うようです。

 

これは中国だけに限ったことではありません。

 

 

 

以前紹介した、各国のビジネス英語のレベル一覧です。

中国(5.03)、台湾(5.08)、香港(5.39)が日本(4.29)よりも高い点数を取っていることがわかります。

また、日本より下には、経済的に発展している国がありません。

 

つまり、先進国の中で日本の英語能力は非常に低い位置にあります。

 

 

もちろん英語以前に学ぶべき能力はあるとは思いますが、他国に進出することで得られる利益を、英語ができないという理由で諦めてしまっている可能性があり、日本経済にとって非常にもったいないことだと感じています。



imageEς͂Cy