• 綺麗なホテルに滞在、安心・安全のセブ島留学 社会人留学はこちら 留学体験記はこちら ホームステイコース シニア留学はこちら 親子留学はこちら
  • 30代からの社会人留学 社会人留学はこちら 留学体験記はこちら ホームステイコース シニア留学はこちら 親子留学はこちら
  • パパ・ママ・こどもと一緒に楽しく親子留学 社会人留学はこちら 留学体験記はこちら ホームステイコース シニア留学はこちら 親子留学はこちら
  • 担任制で確実上達!! 社会人留学はこちら 留学体験記はこちら ホームステイコース シニア留学はこちら 親子留学はこちら
  • コミニケーションレッスンで実践的に英会話を学ぶ!! 社会人留学はこちら 留学体験記はこちら ホームステイコース シニア留学はこちら 親子留学はこちら
  • リピーター多数!シニア留学 社会人留学はこちら 留学体験記はこちら ホームステイコース シニア留学はこちら 親子留学はこちら

n̗lq

日本人が苦手なのはスピーキング?それとも…

こんにちは、インターンの古屋です。

 

前回は、総合的に日本人が英語が苦手な理由を説明しました。

今回は、僕が思う英語をマスターするのに日本人が勉強すべきことを紹介します。

 

 

英語には大きく分けて、4つの技能・2つの基礎があります。

基礎:文法、語彙

技能:話す、聞く、読む、書く

 

 

この中で日本人が主に学習を必要とするのは、「話す」・「聞く」の2技能と基礎となる「語彙強化」の3点です。

文法と、読むことに関しては高校・大学までの授業でかなりの時間を費やしているので、あまりやる必要はありません。

「書く」に関しては、話すことができれば書くこともできるので、初めに改善する部分ではありません。

 

 

 

この中で、フィリピンに来て学習すべきなのは主に「話す」の部分です。

 

 

そして、これは基本的には習得するのに相手が必要です。

日本にいながら「話す」の自習がしたい場合は、「頭の中で英語で考える」「シチュエーションを設定して一人で話す」といった方法もあります。

しかし、答え合わせができないので、英語教師とやるのが最も効率的ではないでしょうか。

 

 

 

 

残りの2つ、「聞くこと」「語彙を増やすこと」は相手がいなくてもできるので、日本で独学でやるのが効率がいいです。

とはいえ、留学中に先生の話を聞くことも、もちろん意味があります。

 

 

 

 

聞くことに関しては、海外ドラマを見る、リスニング教材を使うなど、自分のレベルに合わせた方法でやることが大切です。

 

 

また、聞いたことをその場で繰り返す「シャドーイング」もリスニングの効率的な鍛え方でしょう。

 

 

 

 

 

そしてこの二つの「話す」「聞く」の基本となるのが語彙の強化です。

 

 

「リスニングができない」(耳が音を単語として認識しない)のか、それとも「語彙がわからなくて言っていることがわからないのか」を見極めないと、いつまでたっても英語は理解できるようになりません。

 

 

 

 

当校の教師はもちろんこの違いを理解した上で、授業をしています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一例ですが、昨年の夏に当校に留学された秋山さんは、2週間でTOEICスコアを400点から880点あげることができています。

リーディングは自力での効果が多いかもしれませんが、留学して毎日英語を聞き続けることでリスニングの点の飛躍的な伸びが期待できます。

 

 

 

以上、日本人の場合、語彙、聞く、話すの3つの点に集中して学習していくことで、最も効率的に英語でコミュニケーションを取ることができるようになります。



imageEς͂Cy