• 綺麗なホテルに滞在、安心・安全のセブ島留学 セブ留学の魅力 留学体験記はこちら ホームステイコース シニア留学はこちら 親子留学はこちら
  • 担任制で確実上達!! セブ留学の魅力 留学体験記はこちら ホームステイコース シニア留学はこちら 親子留学はこちら
  • コミニケーションレッスンで実践的に英会話を学ぶ!! セブ留学の魅力 留学体験記はこちら ホームステイコース シニア留学はこちら 親子留学はこちら
  • 1ヶ月でTOEIC220点アップ!!
あなたの英語力アップに担任の講師が責任を持ちます!! セブ留学の魅力 留学体験記はこちら ホームステイコース シニア留学はこちら 親子留学はこちら

n̗lq

フィリピンのカフェ代はどの位?

こんにちは、校内のTOEIC模試の歴代最高点を更新してハッピーなインターン生の新宮です。
一番難しいAdvancedのテキストブックの模試問題で、905点!
本番も、この調子でいきたい…!


さて、本日はフィリピンでの生活費についてです。
と言っても、ホテル滞在ですので、主な出費どころは食費になるかと思います。

どういうランクのレストランで何を食べるかに寄るところが大きいのですが、
一食に掛かる費用のレンジはこのくらいです。

・コンビニ食(肉まんなど)、ローカルフードで済ませる場合・・・100ペソ(200円)以下
・マクドナルドなどでセットメニューを食べる場合・・・80ペソ~250ペソ(160~500円)
・カフェで、サンドイッチとコーヒーを頼んだ場合・・・200ペソ~400ペソ(400~800円)
・レストランで食事をした場合・・・300~500ペソ(600~1000円)
・レストランで食事をした場合(アルコール含む)・・・300~800ペソ(600~1600円)
・ビュッフェスタイルのレストランに行った場合・・・400~800ペソ(800~1600円)
・フレンチでトリュフを頼んだりと、高級店に行った場合・・・800~2000ペソ(1600~4000円)

平均的には、留学されている方でお酒を飲まない方ですと、一食300ペソくらいの方が多いかなぁと思います。
毎日ホテル内でオシャレなお食事とカクテルをと言う方でしたら、一食500~700ペソ見ておけばよいかと。

例として、おそらく留学して一度は必ず行くであろうカフェの大手チェーン「ボスコーヒー」で、
このくらいのボリュームでこのくらい掛かりますよと言うのを本日はご紹介しますね。

cameringo_20171106_172437
じゃーん。いつかの私の夜ご飯でございます。
ボロネーゼとカフェラテMサイズ。

フィリピンでは、パスタを頼むと大抵こんがり焼いたパンが付いてきます。(炭水化物×炭水化物)

ボスコーヒーは、日本で言うところのタリーズコーヒーみたいなカフェで、
店舗数はスターバックスよりも多く、本当に至るところにあります。

何を隠そう私はタリーズのヘビーユーザーでしたので、
パスタセットは990円するところですが、ここフィリピンでは…。

cameringo_20171106_171649

フードとコーヒードリンクのセットで235ペソ(約500円)
ざっくり日本の半額程度の認識で大丈夫かと思います。

cameringo_20171106_171328

メニューブックにはパスタの他に、サンドイッチが載っています。
(「メニューください」と言ったら出してくれます。)
サンドイッチも大きいですし、マスタードがいい感じに効いてこちらもなかなか美味しいです。

cameringo_20171106_171510

ケーキは、チーズケーキが中心です。価格帯90~140ペソくらいですね。
オレオチーズケーキやマンゴーチーズケーキ、ブルーベリーチーズケーキなどがあります。


一方、できるだけ食費を安く済ませたい方…!
ローカルフード屋さんでは1食30-100ペソで食べられます。
私もよくそこに行きますし、先生たちもランチを買いに行ってます。

cameringo_20171006_105420

このようにビニール袋に入って売られています。
焼きそば。量的には半人前くらい。

メニューによるけれど、基本1つ10ペソです。

衛生大丈夫なの?お腹壊さないの?という声もあると思いますが、
中華系でけっこう味も良いです。今のところ、ここの食事でお腹壊したことはないですね!

留学費用の参考になさってくださいね^^



imageEς͂Cy