• 綺麗なホテルに滞在、安心・安全のセブ島留学 親子留学はこちら ホームステイはこちら シニア留学はこちら 社会人留学はこちら 留学体験記
  • 担任制で確実上達!! 親子留学はこちら ホームステイはこちら シニア留学はこちら 社会人留学はこちら 留学体験記
  • コミニケーションレッスンで実践的に英会話を学ぶ!! 親子留学はこちら ホームステイはこちら シニア留学はこちら 社会人留学はこちら 留学体験記

n̗lq

セブのコロナ状況

おはようございます。

 

セブ常駐スタッフの髙木です。

 

4月28日まで予定していたロックダウンが延長され、ロックダウン・自宅隔離は5月15日(金)まで予定となりました。

セブ市長は、延長も検討しているとのことです。

 

5月5日(火)現在、フィリピンのコロナウイルス感染者数は、9,684人です。

セブ市は1,280人、マンダウエ市は89人、ラプラプ市は40人です。

今多く感染者が出てしまっているエリアは、「MAMBALING」というSMシーサイド近くのスラムエリアで、433人です。

続いて、「BJMP KALUNASAN」が332人です。セブ市の刑務所内で集団感染です。

そして、アヤラモールの隣のエリア「BARANGAY LUZ」が193人です。

完全隔離なので、一切外に出ることができません。ボランティア団体の方々や、行政が支援物資を運びます。

 

今後は、現在のECQ(強化されたコミュニティ検疫)から、GCQ(一般的なコミュニティ検疫 ニューノーマル)を目指す予定だそうです。

今週から10日間くらいかけて、セブ市のバランガイを大規模検査がされます。

その結果によって、今後政府からの指示が変わってくるとのことです。

 

現在決まっている今後予定のGCQ法令は、原則0〜20歳は外出禁止、60歳以上も外出禁止(一人暮らしは外出OK)だそうです。働いている方は、許可があれば外出して良い。

 

交通手段は、まだジプニーは許可が下りていないそうです。許可が下りたとしても、50%しか乗客を乗せることができないようです。前みたいなギュウギュウ詰めはなくなります。

タクシーも2人までしか乗せることができなくなるようです。

バイクタクシーもまだ禁止になります。

個人のバイクでも、後ろに人を乗せて走ってはいけないです。

 

ショッピングモールに入るにはIDが必須で、21〜59歳までの方しか入れない。

入店時は、今まで通りマスクの着用・体温チェック・アルコール消毒されます。

モールのフリーWi-Fiはなくなるようです。

 

GCQになっても、ジム・映画館・アミューズメントパーク・フェスティバル・バー等はまだ禁止されるとのことです。

図書館・博物館・カジノもです。

旅行も禁止で、海で泳ぐのもダメです。。

 

今後の状況によって、対策や決まりが変わってくると思いますので、また新しい情報が入りましたら、お知らせいたします。

 

 

 

 



imageEς͂Cy