• 綺麗なホテルに滞在、安心・安全のセブ島留学 セブ留学の魅力 留学体験記はこちら ホームステイコース シニア留学はこちら 親子留学はこちら
  • 担任制で確実上達!! セブ留学の魅力 留学体験記はこちら ホームステイコース シニア留学はこちら 親子留学はこちら
  • コミニケーションレッスンで実践的に英会話を学ぶ!! セブ留学の魅力 留学体験記はこちら ホームステイコース シニア留学はこちら 親子留学はこちら
  • 留学と旅行のいいとこ取り!!英語が好きになる、親子留学 セブ留学の魅力 留学体験記はこちら ホームステイコース シニア留学はこちら 親子留学はこちら
  • マイペースで学べる!リピーターの多いシニア留学 セブ留学の魅力 留学体験記はこちら ホームステイコース シニア留学はこちら 親子留学はこちら

n̗lq

スタンダードホテルを比較!①

こんにちは、セブ常駐スタッフの新宮です。
本日は当校の宿泊施設、スタンダードホテルである「Cebu R Hotel」「Skyblue Hotel」の二つに実際に泊まってみて、実際どんな感じなのかご紹介したいと思います。まずは、Cebu R Hotelから!

簡単に説明するなら、CebuRHotelは「部屋の広いロハス調のビジネスホテル」です。
ホテル内は、黄緑とブラウンカラーで統一されています。
ただ、今回私が泊まった2018年5月現在、ホテルがリノベーション工事中で、
ロビーの壁紙が剥がされている状態でした。ピアノが、無くなってる…‼

cameringo_20180503_063335

ロビーにはパソコン2台が設置されていて、インターネットを使うことができます。

DCIM100GOPROGOPR0105.JPG

ロスカカフェでは朝食の提供の他、夜10時までロビーでの食事およびルームサービスを頼むことができます。

DCIM100GOPROGOPR0112.JPG

ロスカカフェのメニュー。
表裏びっしりメニューがあり、ホテルにしては良心的な価格で味もおいしいです。


DCIM100GOPROGOPR0117.JPG

野菜不足が気になる方にお勧めしたいのがチョプスイというメニュー。(ライス付きで約400円)
いわゆる八宝菜です。フィリピンフードは名前を見ただけではどのような料理か分かりませんが、
そういう時はぜひインターネットで画像検索してみてください。
食事や洗濯サービスなどのお会計は、ルームナンバーをフロントに伝えておいて、チェックアウト時にまとめてカード決済することも可能です。

DCIM100GOPROGOPR0107.JPG

今回は307号室でした。廊下はこんな感じで割と広々としています。

  DCIM100GOPROGOPR0096.JPG 

お部屋の中はなんと23.5㎡~。Skyblue Hotelが12㎡~なので約2倍の広さがあります。
ベッドの横に小さな金庫発見。今まで無かったので、リノベーション後に新たに設置された模様。

DCIM100GOPROGOPR0097.JPG

小さな冷蔵庫あり。ハンガーは5つありました。

DCIM100GOPROGOPR0111.JPG

チェックインしたときに貰うモーニングメニューの一覧表です。
こちらも表裏になっており、片面はフィリピンスタイルのモーニングメニュー、
もう片面(写真の面)は洋風の朝食メニューが載っています。

cameringo_20180503_063835-600x337
コーンドビーフ、卵はサニーサイドアップで。ドリンクはコーヒーのチョイス。バナナ付きでした。
全メニュー制覇しようとすると2週間掛かるので、長期滞在でも飽きないと思います^^


Screenshot_20180502-180722_1

インターネットは、チェックインの時にWifiのパスワードが書いてある紙を貰えます。
部屋の中でのWifi速度はこんな感じ。動画再生も問題ない環境でした。

一方で、ロビーでのネット環境はこちら↓
Screenshot_20180502-190901_1
部屋ほどは出ていませんでしたが、高画質の動画を見なければ問題ないくらいでした。
一階のロビーでインターネットがしたい場合は、パスワードが別にあるのでフロントデスクに聞いてください。

ホテルの隣にセブンイレブンもありますし、通学の徒歩15分が苦でなければ、設備面はCebu R Hotelの方が優秀です。地理が分からない方でも安心の「先生が通学に同行してくれるサービス」がありますので、道に慣れるまでは先生と一緒に当校するのも良し!はたまた、アグレッシブに「往復30分無料スピーキングレッスンだ」と思ってバリバリ利用して頂いてもOKでございます。




注意点としては、Cebu R Hotelはこのキャピトルというエリアと別にマボロエリアにも支店があります。
タクシードライバーに「Cebu R Hotel」とだけ言うと、マボロの方に連れていかれるかもしれないので、
「キャピトル」とエリア指定するのを忘れないようにしてください…!
また、外部の音が響きやすく、特に週末は夜中までレストランやバーがドンチャンやってることも少なくないので、騒音に敏感な方は耳栓を用意した方が良いかなと思います。



imageEς͂Cy